子供の機嫌取りの是非を焼肉屋が

うちは焼肉が好きで、心の肉ゲージが減っては、それを満たすために出掛ける。

 

さあ、そろそろ行こうと。

今回はどこの店にするのか。いつも行くような店なのか、行った事あるけど予約取りにくい店にチャレンジするのか、新しく探すのか。

 

私『あれは?ポッサムチプ(有名店)』

妻『え?おっさんの乳首⁉︎

 

焼肉屋の提案してんのに、誰がパワースポットの話をしろと。不意に吹き過ぎて車のハンドル取られるか思いましたよ。

年1出るかどうか、どエライ聞き間違い。

『おっさんの乳首』とか挑戦的なイカれた屋号で、飲食店やっていけるわけ無いやろと。

カーナビにすら登録させてもらえないレベル。

 

失礼やぞ!ポッサムの店員さんが電話でちょっと発音ぼかしながら『おっさんの乳首です』と出てバレないとでも思うんか!(…少し思う)

 

結局いつも行きがちな店に落ち着くわけです。

大人だけなら、噂のポッサム予約にチャレンジしてもいいんだが。いつも行く店が何だかんだ、ファミリー層には凄まじい安心感。

子供連れに激甘なサービスが満載。

 

  • サイコロでドリンクバー半額or無料
  • おもちゃが凄く多い
  • 中庭にブランコがある
  • 12歳未満ならアイスやら綿菓子が無料(いずれも機械を使って自分で作る)

 

ファミリー層を取り込む為に店の価値観を全振りしたようなお店。もうそら子連れだらけ。

家から遠くても、使い易さの魅力はデカイ。

 

⬆︎の対極、15歳以下は入店禁止の焼肉屋も知っている。どこを目指した結果の誰目線やねんとか言いたくもなるけど、価値観は店の自由ですから、ソレはソレ。

少なくとも我が家にあと13年は縁が無い。

 

ハナから子供を遮断する店よりは、子らがもう少し落ち着いたら、ポッサムチプに行こうじゃないか。

BGM検討会

介護施設に夜勤バイトに行ってるんです。

そこでは食事中に基本、音が無い。

利用者同士の会話も無いから、まあ静か。

前はテレビ点けてたんですが、途中から無音に。また最近になって音楽が流れ出した。

 

音の有無自体は好みですから、それはどちらでもいい。利用者の意向が優先されるべきで。

問題は、BGMありなら何流すんだっていう。

 

夜勤明けの朝だから、余計ツボだったのか。

朝っぱらから全力で TUBE流れてるんですよ、静寂の食堂に…苦笑

色々なシュールが渋滞すると、だんだん可笑しくなって。真冬の朝ご飯にTUBEて…。

早出が、個人的に喋りやすい若い男子。『おいおい石田君、この TUBEは何なんよ』と聞いたところ。

 

『ですよね… TUBEがスベったみたいになってますよね』←山田は言ってない。絶対に。

 

何でしょうね。 TUBEとかハウンドドックとか、カロリー高いボーカルはシチュエーション間違えたら面白くなるんですよね。魅力的すぎる。

 

 TUBEしか無いん?ちょっとCDのラインナップどうなってんの?と手に取ったら。

TUBE、コブクロ五木ひろし

 

ボーカルの空気が終始濃すぎるやないかと。

逆にこの面子が1箇所によく集まったな…。

ジャズとか、クラシックが無いの?そんなんが無難じゃないか、と声かけたら。

さすがの石田君が奥からゴソゴソ『クラシックありました!』

 

どっちだっけな?『切ない?悲しい?気分の日に聴きたいクラシック』みたいなコンピレーション。まあ、とりあえずそれ掛けてみようと。

 

1曲目から無駄に悲惨な曲が続いてですね。

メシどころじゃない。テーブルに精進料理並べたろかなと思うほどの。

 

例え食事中のBGMという枠を離れても、このCDを悲しいだか切ないだかの日に聞いて、一体どうすりゃいいんだと(笑)

 

ジャズだな。やっぱりジャズにしよう…。

胃腸炎にて

一家全滅。

娘→息子→嫁→山田の順番。嫁が倒れたのが一番ショッキング(苦笑

 

いつかの作文でも触れたように、うちは近隣に親が居ないので、嫁倒れるのは非常にヤバイ。

本丸中の本丸ですからね。落城ですよ(笑)

嫁が倒れたあとの家の切り盛りとかね。

割り箸で米軍に戦いを挑むようなものです。

勝てる訳ない。始まった瞬間、負け戦。

 

そんな山田ですが。息子が倒れた直後から、

 

何となく食欲無い気がするけど、思い過ごしに違いない

 

と思い続けること半日(笑)

そしてその夜には、全くもって思い込みじゃなかったと思い知らされる(以下略)

 

そう、嫁に変わって立てる事もなく、敗走。

僕だけ熱発しましたしね。何故親父だけ。

 

あと困ったのは家族全員が1日半ぐらいの間にバタバタ行きましたから、よーいドンで乳製品の消費がストップしたんですね。

牛乳買って間もないタイミングだもんで、一気に賞味期限が狭まって嫁がソワソワ。

(朝冷蔵庫見て、そっ閉じ)

 

胃腸の症状は早い事収まったんですが、多少の胃もたれやら胸焼けはいつもより…。

ようやく戻ってきたかなあ、という感じ。

最近はアマゾンで孤独のグルメを夜な夜な見るのが好きやったんですが、さすがに胃腸の調子悪い時はね…さすがに…。

勝手に食ってろとしか思わない笑

どうせ見るなら、美味そうやなあと思いたい。

 

食欲が全く戻らない、嫁と僕からしたら倒れた翌日ですよ。節分やったんですね。

そう、恵方巻

 

うちは毎年寿司屋に予約してまして。

この流れで、4本かと。4本もあんのかと。

 

節分の日は夜までロクに固形物取ってないのにいきなり恵方巻にかぶり付く事になるとは。

偉いもんでね、美味しかったんですよ。そんな体調なのに、あれは感動すらした。

 

そのあと、子供が無邪気に豆撒きしてましたけど、だんだん可笑しくなってきてね。

もう既に家ん中、鬼だらけやで君。もう倒れる人間すら居ない(苦笑

 

初恋

うちの子供は二人とも保育所『分園』の子。

イベントで『本家』の子供達と絡むこともある。

 

昨秋、息子がイベントで本家所属の女の子、(仮名まきちゃん)とエラく意気投合。行程中ずっと遊んでたらしい。それを本人と、息子の担任から聞いて。はあはあ良かったですね、とそれだけの話のつもりやったんです。

 

約三ヶ月後のつい先日。家族で行った焼肉屋。突然うちのテーブルを訪ねる女性。

焼肉屋でテーブル飛び込みですからね。

攻めるタイプの宗教かと思いきや、まきちゃんのお母さんらしい。

 

まきちゃんが店に入るなりウチの息子を見つけたが、恥ずかしくて顔出せず。

見兼ねたお母さんが挨拶に。

そっから喜んだ子供同士が席を行き来。

 

どうも、まきちゃん。うちの息子に…村下孝蔵してんじゃないの?(昭和)イベント時の息子の写真が手元にあるらしくて。その写真を枕元に置いて、寝る前と朝と写真に挨拶するらしい笑

 

形見かよ。

仏壇かよ。

 

帰り際、まきちゃんが山田家テーブルへ。

 

『あのね、あのね、一つ言いたい事があんねんけど…何で好きになったかって……イケメンだかrうひょひょ○△♨︎⁉︎☆』(最後の方、シャイが爆発して顔押さえて言葉にならない)

 

思い返したら、担任の口ぶりも『まきちゃん、とにかく嬉しかったみたいで、本園でその話ばかりしてるらしいんです』みたいな内容で。てっきり楽しかった、また遊びたい…の解釈やったけど、一目惚れやったんか…と。

 

何が凄いって理由が『イケメン』ですからね。島津軍ばりの正面突破。ませてるなあ…。

 

でまた、男って小さい時からアホやなあと思ったのは、何の意識もしてなかったくせに、帰り道から完全に有頂天な息子。

 

小さい恋は何か応援したくなる。微笑ましい。

 

(同じ小学校に入学らしいので、あと数ヶ月でウチの息子が『お花畑』とバレる予定)

美味しんぼだけど食べないんぼ

この間、ふとテレビから流れた歌が気になる。

 

『大人は一年中そんなにアイス食べられない』みたいな内容歌ってて。なんじゃそらと思ったんですが。カウントダウンフェチの山田はふと考えるんですね。

 

死ぬまでに、あと何回アイスを食べるんだろうと。一見しょうもない歌詞ですけど、仰る通り。年間そんなに食べないなあ…とね。

今年入って、1回食べたが。夏場に集中するとはいえ、ワンシーズン10回…食べるかな?

まあ、50歳までは年10回として、以降72歳ぐらいを最終にして、年5回で…230回…?

 

『死ぬまでにアイス食う回数の試算してみた』とか夏休みの研究で発表したら、異様さとキモさが先走って、職員室に呼び出されるに違いない。

 

200回前後…食べるのかなあ。

ただ間違いなく言えるのは、山田は小さい時からシャーベット系が苦手なんですね。それこそ鉄板商品のガリガリくんとか。

シャーベットに限れば、自分の意思の買い物で食べる回数とか、死ぬまでに10回未満は確定なんじゃないか…。

注。食べたら美味しいんですよ?第一選択がシャーベットに成り得ないだけで…。

 

アイスに限らず、今の季節にありがち且つ山田に縁遠いのは、何だ?か。

タラバガニとかね。まずウチの会社の社長が好きではないんで、忘年会からも旅行からも外れる。そして更に山田の嫁さんも好きではない。

まあ食卓でも出先でも逢う事のない食材ですよ。カニ

これはもう、10回未満どころの騒ぎじゃない。3回…未満だな。何か腹立ってきたな、蟹買いに行こうかな。

 

その真逆を行く、出番有り過ぎ問題なのが我が家の場合はシメジでして。

親の顔見る回数の100倍は出てくる(笑)

 

死ぬまでに2300回は出てきそうな勢い。負けるなガリガリくん、タラバ蟹!

濁り酒ゴイゴイスー

えべっさん。家族で行くのに、3日間で一番暖かい予報の『残り福』を選びました。

 

露店でオモチャ買ったり、何か食べたり。

 

僕は晩酌しない人ですが、何となく呑もうかなと思う瞬間も無くはない。えべっさんの期間、近くの酒屋では毎年にごり酒を店頭販売。

 

ふと思い出す。

 

えべっさんは数年前まで義姉グループと行く事が多くて。義姉の友人夫婦が昔から山田夫婦を可愛がってくれました。

 

ただ、そんな義姉フレンドの夫婦が…

 

離婚危機

 

らしい。えべっさんとなると、その夫婦を思い出す。義姉グループで参る時には、景気付けににごり酒を呑んでたなあと。

 

離婚かなあ、何とかなればいいのになあと思いながら、願掛けで一人でにごり酒を歩き飲みしながら徒歩の家路。(妻子は自転車)

 

甘いとは言え、慣れない酒にムセながら歩いてると、大きな声で息子に呼ばれまして。

自転車で横を駆け抜けていく。

 

ほろ酔いで変なスイッチが入った山田は、玩具の剣を片手に自転車を全力で走って追いかける愚行2019。

家帰って、勢いで風呂入ったあとから、無茶苦茶に酔いが回りだして(笑)

義姉の友人夫婦の思い出が酔いで蹴散らされる中、まずこの眼前の飯を食わないといけない。

次に思い出すのは、田舎の親父。

 

毎晩、晩酌でベロベロになっていた親父。

焼酎ロックで責めて、最後は壊れる。

晩酌は前座。ロックに殺されたはずの親父は、そこから飯を食うんです。座らされた死体みたいな姿勢でラーメン食べて、歩けないから這いつくばって布団に行く。

手軽に見れる地獄絵図を毎晩のように鑑賞してきた。

 

一生懸命働く人なんで、酔う事自体はいい。

ただ子供ながらにいつも思ったのは、そうまでして飯食わなあかんのか親父。寝たら?と。

 

いざ自分が家で酔いが回って、心拍数アゲアゲで、卵かけご飯と粕汁食いながら、同じ状態の親父を思い出して…。

 

やっぱり馬鹿じゃないか、と。

 

飯食う必要無いよ、寝ろよ…。

新春 自転車競技会

息子も今年の春で小学生。『今まで何故か教えてこなかった』筆頭が、自転車でして。

 

何故なんだろう…苦笑

ねだられる場面が無かったから?誕生日だかも、いくつか候補出して選ばせたんですよ。『自転車と○○なら?』『じゃあ○○と○○は?』という消去法方式で。

ものっ凄い早く自転車消えましたからね(笑)

 

スーパーで小松菜買うかどうかぐらいの悩み方しか感じられない中、『ついに』という表現になるでしょうね。ついに、自転車購入。

ほぼ毎日練習してますが、そんな負けず嫌いやったかな…なんか泣くんですよね苦笑

頑張れよ、な。頑張れ…。

 

振り返れば、ちょっと悪い事したかもなあ…というか。少し後悔してるのは、ストライダの購入見送った事ですかね。

 

知らない人のために、ストライダーというのは、ペダルの無い小さな二輪車でして。

足でバランス取りながら漕ぐんです。のちの自転車指導がかなり楽になるとは聞く。

 

山田の時代には…そんな物…あったんですか?(笑)無かった、ですよね?(笑)

五島を基準にすると、毎回自信がない。

ほぼ無かったと仮定して、あの時はもう補助輪するかしないか、いつ外すかみたいな。

 

結構その時のこと覚えてますよ。

ぶっちゃけ、補助輪外すのが怖かったんです。親父からも、お前は補助輪いつ外すんやと突かれだした頃、裏に住んでたヨシ坊が山田より一足先に補助輪外しやがったんですよ!

それ見たことか、お前恥ずかしくないのかと親父にも責められて。

 

ヨシ坊、貴様。友情の補助輪も外すぞ…と怒りと嫉妬心にクラクラする中、『わかった親父、外してくれ。俺やるよ。中野浩一になるよ』と。

 

ガチャガチャ、あっという間に外される補助輪。

さあ風になるんだ!

 

そして風になるための指導員に安定のヨシ坊が着任したのは言うまでもない