こしょくれて、夏

久しぶりに地元の友達と連絡。

長崎弁と比較すると、地元の五島弁は早口で、エッジが効いている。好きです。

 

その日の流行語は、『こしょくれ』。

こしょくれてる→(特に幼児に)ませてる、小生意気、みたいな。

 

方言では『騒動』が至高。勿論『騒動』自体は方言じゃない。表現の一つとして、『騒動』を活用する向き。

 

『ざまな騒動ぞ(すごい騒ぎだぞ)』とか。

何かの混乱や騒ぎを、とりあえず話盛り気味にユーモラスに『騒動』と。平成世代にとったら、まあ死語かなと。たぶん…。

 

何で『騒動』を多用する。でも歴史見ると地元の藩て、確かにお家騒動多いですからね(笑)

オフシーズンの楽天か、五島藩かぐらい。

 

離島の小藩の割に?いやむしろ小藩だから?

 

藩史上最大のトピックスはクーデター。

 

クーデター、しかも全く外部からの実行なんて滅多に成功しませんからね。有名どころ、派手なクーデターでいうと明智光秀でしょうけど、バリバリ内部やし、すぐ制圧されたし。

 

我が藩は一味違う。

 

外部から食らった上、政権15年も取られる不覚。

 

更に闇深なのは、その間の歴史記述が一切ないと言うロックすぎる暗黒時代。

クーデター成功したのに真面目に統治しようとしなかったらしいですが。にしたって、ねえ…。

 

反乱食らった殿様が自刃→家臣が跡取りの赤子を必死に島外に逃す→元服を待つ→リベンジ

 

という映画1本作れるぐらい気の長〜い物語。

騒動も騒動、ざまな騒動。

 

クーデターという文字を見るのは今年2回目で、他人事じゃない。

家建てる契約時、瑕疵担保責任(こんな時には、ハウスメーカーが家に対する責任取るよ!)に関する記述。

 

革命、暴動クーデターが起きて家壊れてもメーカーは責任持ちません』

 

まあ、革命起きたら個人の財産もクソも無いかもしらんが…苦笑

 

営業マンのこしょくれ回ってさ、ざまな騒動たい…

プロフィールの盲点

子供に質問されて答えに窮した場面。

 

『一番好きな果物は?』

『一番好きなおもちゃは?』

『(かぶるけど)一番好きな食べ物は?』

 

これすぐ答えられます?

質問のシンプルさに負けてしまって、意外にスッと出てこない。自分の好きな事もロクに分からない、興味無い生活してるのか…?とも。

 

果物は、答えは一応バナナ。

ただこれ、紛らわしいから子供には言わなかったけども、厳密に言うと、バナナ味が好き(笑)

 

バナナ味  >>  リアルバナナ

 

面接で同じ質問されて『自分っすか?バナナが好きっす。違うっす、バナナ味っす』と答えて落選したい。

 

おもちゃがどうにもこうにも…飽きやすい性格ですしね、ハマり続けたおもちゃが無い。

でもこれもね、じっくり考えて、さっき答えを見つけた。ストンと落ちた。間違いない。

 

人の家のファミコンっていう最低の答えに辿り着いた(笑)

そう、貧乏なんですよ。ノーマネーでフィニッシュ。来客の山田ごときは永遠に2コンでいいんです。(無論、持ち主が1コン)

2コンでいいから、ファミコンやらせろと。

 

食べ物もなかなか選べなかったんですが、まとまった。食卓に出てきた時、キラキラして見えるやつが間違いなく居た。

 

ソーセージです、ありがとうございます。

ソーセージ?ウインナー?とりあえずイメージは軽く焼き目がついたシャウエッセン

 

シャウエッセンがサラリーマン家庭の高嶺の花だなんて、結婚するまで知らなかった。

 

いつだか東京の高っいソーセージ定食が馬鹿にされてましたが、僕個人はいいなあ、美味そうだなあ、とね。

 

いつかシャウエッセンを一人思う存分、腹一杯食べてみたい。

奥さん、一度山盛りのソーセージを主菜にして頂けませんか?本当に山盛りでいいんだ。

うかうかしてられない

うちの前の緑豊かな公園は、朝歩くだけで頭に響いてクラクラするレベルのセミ天国でして。ピークの数日は文字通り凄まじい。

 

梅雨明けからセミモードへ移行。

仕事帰りに歩いていると、セミの幼虫を発見。歩いて動く幼虫とか年1見れるかどうか…。

 

子供に見せるべきかどうか悩みながら(セミからしたら、下世話な話でしょ?笑)、結局喜ぶ顔が見たくて教えてしまう。

 

その幼虫も、コンクリの縁石〜鉄柵に沿って必死に歩いてるんで、せめて安全な場所にと。

我が家のベランダのゴムの木を無償提供。せっせと登る幼虫を見て一安心。

晩飯が始まって。ボーっとベランダ見たら…

 

もう羽化が始まっとるやんけワレ‼︎

 

こんなに早く始まるのかと、さすがの山田家も俄に盛り上がる。

 

…まあ、そこがピークなんですがね苦笑

 

羽化はかなり長い時間かかるみたいで、3時間くらいでようやく、あのセミの形。

 

おっさん名物センチメンタルタイムに突入。

 

『6年も地中に居たのかお前。6年前…毎日営業してるぐらいか…俺は羽化出来たんだろうか。おい聞いてるかマイファミリー、マイヒストリー』

 

と夕暮れの神戸を見ながらセンチメンタル。

単に拉致されただけのアブラゼミと、自分の近況を勝手にシンクロナイズドさせる。

 

もはやその時点でセミに関する直接的な感想が『だんだん茶色くなってきたな…』ぐらいで、あとの成分はセンチメンタル。

 

結局また回想に入って、『ベランダ開放するぐらい嫁はセミの幼虫には優しいな』

『会社の近くに居るツバメの親子には愛おしい目すら向けていたな』

 

『でも前の家でベランダに鳩が巣作りの下見に来た時は、直接フリーキックばりにゴミ箱蹴り飛ばしてたな。不動明王みたいやった。セミと鳩の格差社会やで』と。

 

明日の朝旅立つかもしれないアブラゼミに。

羽化してくれて本当に有難う

レイニーブルー

にっちもさっちも雨、雨。

今年の梅雨はとにかく降ってる気がする。

 

実は今家を建ててる(!)んですが、雨に泣かされてますね。棟上げも一度雨で流れました。

棟上げがその週の土曜日→翌月曜日に延びて、そらもうバタバタと…。疲れたなあ…。

そら梅雨時に好き好んで家建てたく無いんですが、タイミングがそうなってしまった。

 

BBQは地鎮祭雨上がり、棟上げは、旅行は晴れ、今はイベントこそないが、トチ狂ったように。家、まだ外壁が付いてない中で今の雨祭りですからね。

 

なんかもう、全裸でスノーボードしてるような(例え間違い)感じでね。何か着せたい。

木組の家が可哀想で。濡れて寒かろうと。

 

何でこんなに降るんだ。イベントの、仕事の邪魔をするんだ。と考えてたら、だんだん本当にムカついて来るのが人間でして(笑)

 

しまいには雨雲を擬人化しだしまして、『雨雲は何を考えてんだ』『性格が歪み過ぎてる、頭おかしいんじゃないか』等、お前の方が十分おかしいぞという方向に傾倒。擬人化して恨みたくもなるぐらい降っている。

 

憎たらしいなと思いながら、いよいよの今日ですよ。インフラなよなよチキン野郎の神戸市北区が職場です。土砂崩れやらで道路全般が逝くという仕打ち。

 

夕方、通常20分の道のりが、渋滞やら道チョイスの誤りが重なって2時間弱。参った。

 

渋滞慣れしてないですからね。喋ろうにも疲れが隠せない。ビクともしない対向車線の渋滞車列を横目に見ながら出た、夫婦の会話が

 

『これ100人に1人ぐらい絶対ウ◯コしたいんやろなあ…どうするんやろなあ…』

 

もう疲れて、頭回らない(苦笑)

(お互いの膀胱も氾濫水位に達する目前という事実がこの直後判明する)

 

明日もまた北区に登るんだが、果たして無事に登れるんだろうか…

夕焼けと後ろ髪

何となく子供に聴かせたセーラー服を脱がさないでがツボったようで。

好みがよく分からない中、昨日から散々リピート再生。キャッチーなアイドルソングなら何でもいい訳でも無いらしい。

 

何回リピートさせるんだと。もういいよ、もう脱がしてしまえよ、と思いながら。

あのイントロが耳に焼きついて大変。

 

秋元康の鬼才ぶりたるや、何なんだろう。

『セーラー服…』と『川の流れのように

『ガラガラヘビがやってくる』『ヘビーローテーション』が全部同じ人ですからね。

 

振り幅がありすぎて。

東大生が選ぶ日本の天才みたいなランキングでも上位でした。そらそうだ。

 

この曲、小さい頃テープでよく聞いてました。でもよく考えたら、まじまじと歌詞見た事が無い。いや、分かってる部分でも大概。

 

『週刊誌みたいなエッチをしたいけど』

 

何を言いだすんやと(笑)

ネットには、当時はエッチいう言葉の概念が曖昧で、ハッキリした物を指してた訳ではない…とか書いてますがね。

 

阪神の元監督のどんでん岡田彰布に言わせたら

『そらもう、アレよ』

てな話で、もうそらアレですよ(笑)

 

逆に聞き取れてない歌詞もあって、最初のBメロも『女の子はいつでも夢の島』やと思ってたんです、小さい頃から、何となく。

そんなもん、ゴミ集積場なわけが無くて。

正しくは耳年増。

 

耳年増…聞き慣れない。何だそれはと。

 

みみ‐どしま【耳年▽増】

聞きかじりの知識だけが豊富な若い女性。多く、性的な知識についていう。

 

やっぱり知ってるんじゃないか!

切れない魔法

仕事上、障害ある人の生活を覗き込む、覗き込まないといけないんですが。

知らない間にカードのリボ払いをドーンと組んでしまった人がいまして。

1人暮らししたいとか言うけど、そんなん…。

 

どうしようか…という深刻さはさて置き。

 

請求書を見てると、つくづく金融に関する商品というのは本当に、横文字で流すか、難しい漢字で有耶無耶にするか…。

 

『リボ』って響きが既にちょっと可愛いですからね。リボンみたいな。

『高金利型 借金マラソンとか

名前書いてくれたら、組まない方がいい人も組まずに済むかもしれない。

金利でマラソンはヤバイな、と(笑)

 

『キャッシング』も『無審査お手軽借金』と書いてくれたら…。

 

いつだったかNHKで、高校生向けにクレジットカードの講座を放送してて、あれはいいなと。

無闇に『危ないよ』と蓋をせずに、メリットもしっかり説明してくれてました。

 

僕もクレジットカード最初に作ったのは…職場の振込口座が三井住友縛りで、クレジット機能付のカードにしたのがきっかけやったかな?

 

希望者だけの任意でいいから、高校でも授業して欲しい。クレジットカードとか、休みの日にインターホン越し、人の良さそうな奥さんに『今、幸せですか?』と聞かれた時の対処とか。

 

数年ぶりの友人に突如『ファミレスで会いたい』と切り出される意味深イベントとか。

 

若者も色々情報発達した現代だから、要らん事はよう知ってるだろうし、それでも知らない事は知らないはずで。

 

という山田もかつてはラソンランナーでしたね。だいぶ、だいぶやりました。

職場の先輩方に『山田は魔法のカードを持っている』と称された。

 

何も知らない若者に、仕事で担当する利用者に言いたい。

 

そんな魔法は無いし、ファミレスに気をつけろ

そこでタクシードライバーが

この週末、野暮用で一瞬東京に。

 

羽田のタクシー乗り場、先頭車……

 

おばちゃん。運転手がね。

 

おばちゃん『会社の旅行?』

山田『いやまあ、研修ですよ』

おばちゃんセイユウの?』

山田『(セイユウ西友?何でや…)←困惑して、聞き返さずにスルーした

 

この下りで何かを悟った。会話進めるごとに大変なタイプのおばちゃんかもしれないと。

そして車内でナビ入力(五十音)で『目黒』を探せないあたりでそれは確信に変わる。

『何で目黒が無いの。そこ東京だよね?』

 

…地雷踏んだな、と。

 

走り出して数分後。

 

『でさ、何の声優さんなの?映画?』

“研修”と“声優”を聞き間違えたな、と気づいたんだけど、『声優やないよ』とだけ。

広げれば広げたぶん修正箇所増えるから笑

 

機械にも会話にも弱い、どうするんだと。

『私は独身で、家に猫が居る』というなんか困る不必要な情報もくれた。

 

そこから、ある大きな問題が徐々に山田を追い込む事になる。それは…

 

絶望的に運転が下手

 

エゲツない。急加速、急減速、ポンピングアクセル(斬新!)を繰り返したら、こんなにも短時間で車酔いさせられるのかと。

 

途中、急加速しながら吉永小百合について語り出した時は、短くキメたパーマ頭にヤケクソで吸い付いてやろうかと思いました。

何なら道も何回か間違えたが、気持ち悪すぎて無抵抗。(むこうから1000円負けた)

 

着く頃にはヘロヘロ。休んで、翌朝。

羽田に移動するのにタクシー使う訳ですが、既に軽いトラウマ。でも乗るしか無い。

流しのタクシー。

 

…今度は運転上手すぎて、心が濡れた(笑)

弱ってる人間がツボった時は、そこに愛や感謝が生まれやすい。わかりやすい。

 

運転手さん聞いてよと。

 

『道間違えたんですか?羽田から?さっきの場所を……?一番簡単なルートだから間違えようが無いですよ。真っ直ぐなんだから』

 

水前寺清子みたいなヘアスタイルのサユリストを見かけたら、ご一報ください。